買えるか買えないかは別として、ポルシェGT4は、久々に乗ってみたいなと思う車です。スペック的には、ポルシェGT3や日産GT-Rの方が上ですが、扱えるという事が大きいです。最近のスポーツカーは、どんどん大きくなり、また車重も重くなっています。また、電子制御も凄くなりました。勿論、サーキットで走るなら、性能を十分堪能できますが、日常の取り回しでの不便や一般道走行でストレスが溜まる等の弊害があります。

日本のワインディングは、道幅も狭く、曲がりくねっていますから、車幅があったり、重量があると楽しくありません。また、400馬力、500馬力といったパワーは、使いきれません。300馬力程度あれば十分です。ポルシェGT4でさえ、380馬力あります。

ポルシェGT4は、R32のGT-Rをライトチューンしたような感じに似ています。勿論、自然吸気とターボエンジンという違いはありますが、ボディサイズや車重も比較的似ています。ただ、GT-Rは、四駆であり、リヤシートもあるため、全長が長く車重も重いです。

たまたま先日停まっているGT4を見たのですが、ノーマルでかなりかっこよかったです。ホイールサイズも大きく、ブレーキキャリパーを見ると、さすがポルシェだなと感じました。ただ、室内空間は、かなり狭そうでした。排気音は、ノーマルでかっこいいから、マフラー交換をする必要はないなと感じました。国内では、左ハンドルは完売であり、右ハンドル分なら購入可能だそうですが、いつの日か中古で構わないので右ハンドルのGT4に乗ってみたいと思います。S207同様、公道でもサーキットでも楽しむ事ができる車に思います。

Comments are closed.

Post Navigation