レクサスといえば、トヨタの高級ブランドであり、メルセデス・ベンツやBMWがライバルだとされています。価格帯は、ほぼ同じですが、性能面ではこれら二社を上回ると言われていますが、伝統やブランドという面で劣ると言われています。そのレクスサスが、売れているのは、主に日本とアメリカです。そのアメリカで販売不振であるとのニュースを見ました。

内訳を見ますと、やはり新型車が投入されていないRCやISの苦戦が目立ちます。これは、どの乗用車でも同じであり、仕方のない現象に思います。一方、アメリカでは、SUVやミニトラックの販売が好調だと言われていますが、レクサスもその流れ度庵であり、SUVに関しては、販売増でした。ぱっと見の見出しをだけを読むと、レクサスの人気が落ちているのかという感じを受けますが、実際はそうではないようです。

SUVに関しては、レクサスは、四車種も販売しています。NX,RX,LX,GXというラインナップを見ても、レクサスが力を入れていることが解かります。スポーツカーとSUVは、利益率が高いと言われているため、メルセデス・ベンツやBMWに比べ不足しているスポーティモデルが、今後発売されるように思います。Fシリーズは、富士スピードウエィの頭文字であり、AMGやMシリーズに対抗していると思いますが、それほど尖ったモデルではありません。また、BMWZ4やメルセデス・ベンツのSLSやGT等の結構趣味に振ったシリーズの車もありません。トヨタが親会社なだけに、スポーツカー販売ではなく、高級車販売が得意なのは解かりますが、レクサスシリーズに華を添える車種が欲しいところです。

Comments are closed.

Post Navigation